ABOUT
ケアメイトとは

ビジョン

  • ずっと、我が家で。明日も、この街で。

    「最期まで自宅で過ごしたい」という、多くの人の声を支援するため、様々な専門性や心配りによって「生活」をお手伝いします。
    一人ひとりの生活スタイルを把握し、その方らしい生活を、介護事業を通じてサポート。最適なケアスタッフをコーディネートすることはもちろん、医療関係者や地域の方々との繋がりをつくり、「真の地域密着ケアの実現」を目指しています。
    “多くの人の力を集めて、在宅介護の限界を、少しでも引き上げたい”
    それこそが、私たちケアメイトの想いであり、願いです。

  • ケアメイトのこだわり

    ずっと我が家で、この街で -在宅サービスへのこだわり-
    ケアメイトは昭和33年(1958年)に城南家政婦紹介所(現・城南ケアサービス)を開始して以来、60年間「在宅ケア事業」を行っております。創業者(故・板井シズエ)は看護師としての経験をもって「自宅で暮らし続けること」をサポートすべく家政婦事業を提供して参りました。ケアメイトはその創業意思を引き継ぎ、多くのご利用者様が希望する「自宅での暮らし」「住み慣れた街での暮らし」を継続できるよう、地域介護サービスを提供しています。

    サービスの品質追求 -東京・城南エリアに特化-
    介護保険制度にも盛り込まれている「在宅ケア」「地域包括ケア」の充実のためには、その地域に密着した介護サービスの提供が不可欠です。ケアメイトは、東京・城南エリア(品川区・港区・太田区・目黒区・世田谷区)に特化した事業で、サービスと人材の向上を続けております。地域に特化することで、「いま介護が必要な方」だけでなく「これから介護が必要になる方」「ずっとこの街で暮らし続けたい方」の拠り所になるべく、ケアメイトは地域特化の介護サービスを提供し続けます。

    真の在宅・地域ケアをめざして -地域とのつながり-
    ケアメイトは「介護サービスをスムーズに利用できる」「近くに介護施設がある」だけでは不十分と考えています。地域に密着し、地域活動を一緒に行い、地域全体で「最期まで暮らしを続けられる街づくり」の実現を目指しています。そのためケアメイト各事業所では地域交流活動を日常的に行っています。

  • 経営理念

    1. 地域の皆さまとともに
    私たちは、地域社会の発展と福祉に貢献できるよう、地域に根ざしたサービス提供を大切にしてまいります。

    2. サービスクオリティへのこだわり
    私たちは、ご利用者様とそのご家族様に最も信頼され親しみを持っていただけるよう、“心”のこもったサービス提供をしてまいります。

    3. 介護福祉事業従事者としての誇り・向上心
    私たちは、介護福祉サービスのプロフェッショナルとしてお役にたてるよう、常に「人間力」「介護力」の向上を意識し自己研鑽に努めてまいります。

    4. 最高の組織づくり
    私たちは、より良い介護福祉サービスを実現できるよう、常にチーム力を最大限発揮できる職場環境の整備に努めてまいります。

    5. コンプライアンス
    私たちは、永続的にサービス提供を実施していけるよう、コンプライアンスを常に意識し徹底してまいります。

社長挨拶

  • ご挨拶

    この度は当社ホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。介護福祉サービスをお探しの方、介護福祉サービスのお仕事をお探しの方等、何かしらお役に立てていただければ幸いでございます。

    人口構造の変化にともなう本格的な高齢化・核家族化を迎えるにあたり、来るべき高齢社会へ備え地域の介護福祉を支えるべく、在宅「介護」サービスにおいてより一層の専門性向上・レベルアップを目指し、いまだ公的介護保険制度がない状況下、当社は産声を上げました。
    お陰さまで現在城南地域5か所にて地域に根ざした在宅介護サービスを提供させていただいております。時には先進的に、時にはチャレンジ精神でもって地道に地域の福祉サービスを60年にもわたり提供させていただいた経験・実績は何も変え難いたからものであります。

  • 当社のこれから

    介護保険制度がスタートしてから10余年が経ち、今回改正も含めますと実に5回の介護保険法改正がなされてまいりました。その間高齢者人口や高齢化率の着実な伸びもさることながら、介護サービスの種類や、それらを担うサービス提供事業者も確実な増加をしてきております。

    我々といたしましては、今回の介護保険法改正においても標榜されております「地域包括ケア」の実現に向け、今まで以上に“我々にできること”“我々に求められること”“我々の目指していくべきもの”を追求してまいります。介護保険制度スタート前から在宅での介護福祉の一端を担ってきたその精神と経験をしっかりと継承しつつ、時代の“変化”に対してスピード感を持って適応していくことで介護福祉を真の“サービス”として昇華させるとともに、そのプロフェッショナルな担い手として地域においてより必要とされる存在であり続けられるよう、たゆまない努力を積み重ねてまいる所存でございますので今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。