職場情報

職場情報

ここでは、ケアメイトがどんな職場なのかをご紹介します。
まず知っていただきたいのは、ケアメイトの先輩社員たちです。

ケアメイトの社員たちの一番良いところは優しいところ。
悪いところは優し過ぎるところ、と言えるくらい良い人が集まりとても良い雰囲気の中で仕事を行えています。
そんな先輩社員たちが、なぜ介護業界を選び、そのなかでケアメイトを選んだのか?
また成長の中でどんな苦労があり、乗り越えたのか?
さらにこの仕事のやり甲斐などを3人の社員にインタビューしました。
ぜひそのインタビューを読み、ケアメイトの職場や仲間をイメージしてみてください。

次にご紹介したいのがケアメイトでの成長過程(キャリアパス)です。
新卒採用をする企業は、より人材育成の責任を負います。ただの労働力ではなく、会社を担う人財に成長し、様々な働き方の選択肢が生まれてほしいと考えています。そこでケアメイトでのキャリアパスをいくつかご紹介します。

社員インタビュー

ご利用者さまだけでなく
ご家族さまも支えていく仕事。

 在宅介護は、訪問ヘルパーによる1対1のケアが特徴的ですが、実はチームワークの仕事です。それに、実は在宅介護の主介護者はご家族さまなんです。主介護者であるご家族さまが疲れ切ってしまっては「ずっと自宅で過ごす」ことは不可能。ご利用者さまとご家族さまの両方をサポートしていくのも、在宅介護のプロの私たちができることだと思っています。

詳しくはこちら
地域とご利用者さまの橋渡し役になっていきたい。

 「自分の馴染んだ場所で、ずっと過ごしたい」。その夢をサポートすることが、在宅介護のケアマネジャーとして大切だと考えています。どうしたらご自宅での生活が継続できるか、安心して生活できるか。ご利用者さまとご家族さま、地域のそれぞれの間に立ってサポートしていくことが、在宅介護の役割。地域の方に私たちスタッフの顔を覚えてもらうことも大切ですね。

詳しくはこちら
一人ひとりへのサービスを突き詰めたい。

 就職活動では、お客さまと密接なやりとりができる小売・接客業を考えていましたが、「介護は究極の接客業」という言葉に惹かれ、自分の志向に合っているなと。ケアメイトは、在宅介護に特化しているので密なサービス提供ができるだけでなく、何よりスタッフの雰囲気の良さが印象的でした。この人たちと一緒に働きたいな、と思ったのが入社の決め手です。

詳しくはこちら

キャリアパス

夢を叶えられる場所、それが「ケアメイト」
あなたの夢を叶えます。
そんなフレーズをよく耳にしますが、ケアメイトでは本当に実現します。実際に、実現をしています。

ある社員がある地域に元々住んでいてそのエリアにも事業所を出しサービスを提供したいと以前から話をしていました。
その言葉を社長である板井は覚えており、その社員に任せられる力がついたときにその地域に新たな事業所を出店し、
そこの責任者に任せました。これがケアメイトの実際の姿です。
仕事を通じて夢を実現してほしい。
ただ、力が無いときに無理に行うと、自分も傷つくし、周りの人間、ご利用者様やご家族様全員が傷つきます。
だからケアメイトでは、しっかりと力がつくキャリアパスを用意し、いつかあなたの夢を実現できるようにサポートします。

「やりたいこと」は様々あっていいと考えています。だからキャリアパスも、介護の専門職として突き詰めるコースと、
経営の方に携われるコースを用意しています。
最初は現場で様々なものを見て、知って、経験して人として大きくなり、判断できるようになってからコースを決めてもらえば良いです。もちろん、自分はこうありたいんだ!という強烈な想いを持っている方はぜひご相談してください。
一緒に話し合いながらあなたの夢を実現できる道をつくっていきたいと考えています。


ココでは代表的なキャリアパスを2つご紹介します。


ゼネラルコース

介護現場だけでなく、業務運営、企画立案等、現場を盛り上げるためのサポート業務に携わります。
幅広い総合力を身につけ縁の下の力持ちとしてステップアップを図っていきます。

1〜3年 ”ケアスタッフ”として介護現場・制度の基礎を学びます。
ご利用者さまとの触れ合いを通じてコミュニケーション力向上を図り、
介護福祉士取得を目指していきます。
4〜7年 ”サポート部門”にて、現場の経験を活かしながらサポート業務を行います。
5〜10年 在宅サービスの要となる”サービス提供責任者”として、
再度現場にて経験を積み、業務運営スキルを身につけます。
7〜13年 リーダー職(サポート部門)として、双方の経験を生かしながら
企画提案・運営管理を行っていきます。
10〜15年 リーダー職(訪問介護部門)として、現場におけるチームの運営管理を担います。
20年〜 総括職(サポート部門)として会社全体の運営管理を行い経営的視点を養います。


エキスパートコース

介護現場で経験を積み、その中で確実なステップアップを図り、介護のスペシャリストを目指します。
介護のスペシャリストとは、単に直接介助の技術向上だけでなく、マネジメント視点も身につけ、
リーダー職・所長職・統括職とキャリアアップしていくことを考えています。

1〜3年 ”ケアスタッフ”として介護現場・制度の基礎を学びます。
ご利用者さまとの触れ合いを通じてコミュニケーション力向上を図り、
介護福祉士取得を目指していきます。
2〜7年 在宅サービスの要となる”サービス提供責任者”として、さらなる高みを目指していきます。
5〜15年 リーダー職(訪問介護部門)として、いよいよ管理職に挑戦。
チームの運営管理を担います。まさに一国一城の主です。
10〜20年 複数営業所のリーダー職を経験した後、営業所長として営業所全体の運営管理に加え、
担当地域における将来展望・新規展開を担います。
20年〜 複数営業所の統括職として、より広範な業務運営・管理を担います。